テーマ:近江町市場

これも詐称…? ^^;

これは、「近江町いちば館」とともにリニューアルした時に揚げたうちの店の看板。 創業年を示す意味で、「SINCE 1907」ということにしてあります。 曾祖父さんはもとより、祖父さんも他界してしまっていたので、詳細については今ひとつはっきりしなかったので、曾祖父さんの生年月日から類推して1907年としたわけです。 ところが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軋轢…

書こうと思いつつ、思い留まってみたり、身体がウンと言わなかったりで棚上げしていた事についてチョッと書こうと思う。 個人的な思いも多分に入っているので、これが近江町市場のスタンスだと誤解しないようにお願いしたい。 3月14日の北陸新幹線開業前から、各種マスコミの煽りや、新幹線前にと言う旅行会社の売り込みやらでごった返し始めた近江町…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こんな時期やからこそ、「じわもん」について…

3月14日の北陸新幹線開業に絡めて、様々なメディアで「金沢」や「近江町市場」が取り上げられています。 それはそれで、非常に有難い事なんですが… 天下の「週刊ポスト」が、困ったことをやってくれましたねぇ…(-_-;) グラビアの■ 金沢を食い尽くす北陸路 という企画なんですが その中に「近江町市場には、こうした「じわもん」と呼…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蟹解禁…♪

毎年11月6日は、ズワイガニ漁の解禁日。いよいよ日本海の冬のスターの登場だ! 近江町市場では、翌日の7日から魚屋さんの店頭が朱く蟹色に染まる…♪ 資源保護のため、オスは翌年の3月20日まで、メスは年内いっぱいが漁期だ。 この季節になると、近江町市場も一段と活気付く! 別に、うちの店で蟹を売っているわけでもないけど、何とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山出さんとの約束…

近江町いちば館の1階部分が開業して、今度の12月で早6年… 何かついこの前の事のような気もする。 近江町いちば館建設に伴う近江町市場の再整備に際して、 前市長の山出さんは。いつもこんなことを口にされていた… 「よそ行きのかっこして来んなん近江町市場になったらだっちゃんぞ! 金沢市民が普通のかっこして、ツッカケ履いて来れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「山の原」は近江町の別称だった…

うちの父の代あたりの人達は、近江町のことを「山の原」と呼んだりしていた。 八百屋仲間でも、そんな年代の人達は、近江町の八百屋のことを「山の原」の連中等と言っていたもんだ。 月の家圓鏡の「山のあな、あな、あな…」が流行した頃には、「山の原、原、原~…」等と茶化したりもしていた。 しかし、最近では「山の原」なる言葉は耳にしたことがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちかちゃんとえっちゃん…

考えてみたら、このBlogのタイトルは「青草町88番地通信」… その割には、青草町88番地のこと何も書いとらんし^^; という訳で、今回は、近江町市場のマスコットキャラクター「ちかちゃん」と「えっちゃん」の話 近江町いちば館の開業に合わせて、日曜営業の検討が進んでいた時に、マスコットキャラクターを使ったプロモーションを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一休入魂…

先日、近江町市場の気の置けない仲間たちとのチョッとした飲み会が…。 名目は、近江町市場の方向性をざっくばらんに論じようなんてことなんですけどね。 場所はお馴染みの近江町市場の「ひかりや」さん この歳になると、何故かキャベツが心地いいです…^^; そうそう、石川といえば珠洲の揚浜式塩田でとれた塩がまった美味しいんですわ(^^)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには、上も向いて歩こう…

近江町市場の主だった四つ角には、このような案内サインが有ります。 色々と考えて作ってあって、結構いいがになっとれんけどなぁ…。 意外と気が付かない人が多いのかもしれません。 それぞれのお店の売り台は、照明で明々と照らされているし、周りの空間の照度は若干低くなるような感じの経験的な店構えが多いんで、多くの人の視線は、若干下向きに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の顔…

近江町市場と言えば、早朝の気ぜわしい雰囲気や、昼間の煌々と照らされた売り台の上に並ぶ新鮮な食材や生きのいい掛け声をイメージするのが一般的かもしれないが、 夕方になって、所謂市場のお店が店仕舞いすると 昼間にはさほど目立たなかった、飲食店の看板が存在を誇示し始める…。 近江町市場には、紛れもなく夜の顔が存在する。 昼間の喧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漬物は、買うもの…?

「近江町いちば館」が出来てから、店の場所が移動して、視界には「八百屋」さんの店先に並んでいる品物が入って来なくなったので、いわゆる「八百屋」の季節感というか、風物詩からはチョッと縁遠くなってしまったんですが、今日、やおやさんの前を通りかかると、沢庵漬け用の干大根が並んでいるのが目に止まりました。 (うちは「果物屋」と言うことで、野菜関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっ、忘れた! まっ、いいか…

あっという間の正月休みも終わり、これからは新年会が… と言う訳で、第一弾は地区の顔合わせ会の新年互礼会 町会連合会やら、公民館関係やら、地区の各種団体の方々が一堂に会しての会でございます。 会場は、武蔵のKSH 18階 あれやこれやと話し込んでるうちに、 やっぱ、寒い時は燗した日本酒やねぇと盛り上がってしまい、 気付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近江町の秘密基地…?

ネタの鮮度が落ちないうちに… と言いながら、大分熟成された感も有りますが(笑) 先日の、近江町の内輪の会の忘年会のメニューです。 会場はみんなの秘密基地とも言うべき、『大友家』 先日の『発見!人間力』にも登場しましたが… と言う事は、秘密じゃないな… 以前は、近江町の有名なお惣菜屋さん。 マスターの慎ちゃんは(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Change!

先日、魚屋の心意気と言う事で、 空の板台の写真を載せた魚屋さん・杉本水産ですが… ご覧のように、ちゃんと売り場が変わっていました。 炭火の遠赤外線でじっくりと焼いた、 富山・庄川産の鮎の塩焼きです。 まだ、養殖ものですが、 この位の大きさの物の方が、丸ごと食べれて美味しいと思います。 1本200円と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねえ、アレはちゃんと立ってる…?

色んなとこいじって、気持好くなったけど、アレはちゃんと立てたの…? 勿論!ちゃんと固くて立派なのが立ってますよ! じゃあ、今から見せるから… と言うことで、近江町市場の表札とも言える、 「官許 金澤青草辻近江町市場」の標柱です。 官許の二文字がいかにも時代を感じさせます。 しかし、今度は石で出来た立派なも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ところで、女はどうした…

別に女性の方を、どうこうしたという訳ではありませんので、ご安心を… 以前から、近江町市場を上から見ると、アーケードが「女」の形に見えると言われておりました。 特に北側、今は無きダイエー金沢店の屋上から見ると、一番分り易かったのですが… ダイエー跡地は、ご覧のような状況で、未だに手付かずのままです。 これでいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和は遠くなりにけり…?

ここ1~2年の間に、柑橘類の売れ筋が劇的に変化し始めています。 特に今年顕著だったのが、いよかんの凋落… いよかん売れんようになったな~と嘆いていたら、 これが金沢に限った事ではなく、全行的傾向とのこと。 まあ、デコポンの一人勝ちと言った所なんでしょうね… その次にヤバイのが、甘夏やサンフルーツと言ったあたりか… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元々は、アメリカン…

いよいよ金沢でも、桜が見頃となりました。 こちらは、近江町市場の守り神でもある市媛神社の桜の木です。 南向きなので、他の桜よりも透かし早いかも… 隣に見えるのが、加賀人形と郷土玩具の中島めんや さんです。 その隣が、加賀麩の不室屋さんです。どちらも、金沢を代表する老舗ですね。 さて、桜の話です。 この時期、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中か、外か…?

ようやく近江町市場も、アーケードのテント越しに春の暖かい日差しが差し込むようになりました。 北陸の鉛色の空に閉じ込められていた者にとって、春は格別の喜びがありますね… 桜の開花を待ちわびる思いも、きっと太平洋側の人達よりも強いのでは… これは、ウチの店の前のテントの様子。 ご存知の方もおいででしょうが、近江町いちば館新通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食文化を否定…?

今日、近江町市場の魚屋さんで、珍しいものを見つけました。 調査捕鯨で捕獲され、七尾港に水揚げされた、 ミンククジラの生の肉です。 お刺身用とありますので、お刺身でも大丈夫なようですが… 普通にわさび醤油でしょうか?生姜醤油やポン酢でしょうか? 最近は、鯨肉に縁がないので、チトわかりかねます。 昭和30年代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カニ屋さんの心意気…

今日の、杉本水産さんの板台です。 氷が敷かれ、照明が当たっていますが、商品が並んでいません。 「どうしたん?」と聞くと、 (地物のカニのシーズンが){もう終わりやし…」とのこと。 地物の、あの水色のタグの付いたカニがメインの、このお店の心意気を感じました。 これからは、庄川産の鮎や、ドジョウの蒲焼、うなぎや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定食屋のデメリット…?

お昼ご飯は、ほぼ毎日 近江町市場の中の定食屋「ごはん屋 たつや」へ行ってます。 マスターはかつて、某有名料亭の板場にいたのですが、 その料亭が店を閉めるのを機に独立して、今に至ってます。 もう15年目になりますかね… ごはん屋の方は、昼の日替わり定食だけで、 夜は、奥さんの親戚のせせらぎ通りの「味処 高崎」の方の板場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、これは何…?

さて、これは何でしょう?…と言うか、何処でしょうかな… 近江町通の方でも、以外に知れない人が多いかも… 皆さん、分りました? 答えは、近江町いちば館広場の天井に貼られた、金沢金箔です。 近江町へ来る人は、大体が商品を見ながら、目線はチョッと下向きで歩いているので、 高い処に、案内サインがあったりしも意外に気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカは共食いする?…能登海洋深層水出前市場

今日は、近江町いちば館広場で、能登海洋深層水出前市場のイベントです。 能登町の海の幸が盛りだくさんです! 本日の目玉は、生きたヤリイカの活き造り、1パイ500円! このヤリイカをさばいて、お刺身にしてくれます。 しかし、このイカ、水槽の中で共食いを始めていました。 やはり、弱ったイカが狙われるようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちかちゃん、えっちゃん、そして…

近江町市場のマスコット・キャラクターと言えば、 皆さんよくご存じの、ちかちゃん と えっちゃん。 着ぐるみは、こんな感じ…酒屋のあるじのブログ えっちゃんはちかちゃんの許嫁と言うか、ガールフレンドという設定なのですが、 男と女(いや、雄と雌か…)の関係であれば、 結婚するしないは別として、そのうち子供もできるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の3つの扉…バナナ、ウシ、タイ

近江町市場には、謎(?)の3つの扉が在ります。 近江町通の方には、そんなもん分っとるわい!と言われそうですが… まずはこの扉…バナナ 続いてこの扉…ウシ 最後にこの扉…タイ さて、これらの扉の奥には何が隠されているのでしょうか…? 倉庫か、それとも秘密倶楽部への入り口か…? そう言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more