テーマ:食べ物

あけましておめでとうございます♪

元日だと言うのに、貴船さんに無理言いまして 娘夫婦と孫連れて、お食事でございます… 紅白の鏡餅は金沢独特と言う事で、婿さんは喜んでました。 (画像の方は、あまりはっきりとは分かりません…) 天狗舞の五凛が食前酒です。 門松を模した竹の御銚子で注いで頂いたのですが、残念ながら写ってません。 子持ち若布などが入ってま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パインは、メロンじゃない…!

最近、店頭に並んでいるパインの多くは、 ゴールド・パイン等と言われる完熟系のパインです。 よく、このパインは食べ頃ですか? と、お尋ねになる方がいらっしゃいますが… パインは、基本的に収穫された時点で、食べ頃になっています。 黄色く色付くと美味しいような感じがしますが、 実が柔らかくなってきているだけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野囲い…

また、文旦の話になりますが… 皆さん、「野囲い」って知ってますか? 文旦の収穫は、普通12月中に行われるのですが、 収穫したての文旦はまだ酸が強いので、 畑のあちこちに穴を掘り「野囲い」という方法で保管します。 そうすると、高い湿度の中で酸味が低下し、 甘みと酸味のバランスが取れた文旦に熟成されるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違いがわかる…?

(清見×アンコール)×マーコット=? 答えは二つ。 せとか と、 で、こちらが はまさき どこが違うの…?ってことですが、 強いて言うなら、外皮の色がはまさきの方が紅が濃い。 はまさきは、品種名は麗紅(れいこう)と言うそうです。 昔、イチゴにも麗紅って品種がありましたよね… 佐賀の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王様の林檎と印度林檎

椎名林檎は読めるけど、リンゴは漢字じゃなかなか書けない… あと、薔薇とか葡萄のそんな感じやね。 奥の細道の松尾芭蕉なんて、今風に言や松尾バナナやぞ!何とポップな名前でしょう! 雑談はそのくらいにして、王様の林檎です。 王林をご存じだと思いますが、 このリンゴが出来たときに、固くて、甘くて、貯蔵性が良い、まさしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せん菜(せんな)の季節…

八百屋さんの店先にせん菜が並びだしました。 (ウチは果物屋なのでありません) 山に自生いするワサビの若芽のことを、この辺りではこう呼びます。 調理の仕方は様々のようですが、 片町の大衆割烹 一十百(かずとも)さんのレシピを参考にしてください。 せん菜漬だけで、お酒が進みますね~ 寒の戻りとは言っても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢で蒲焼と言えば…

>我々の年代で、蒲焼と言えば 当然、どじょうの蒲焼でしょう。 子供の頃は、本当におやつ代わりに食べていました。 1本10円くらいだったと思います。3丁目の夕日の頃の時代ですね… あのコリコリ感とほろ苦さが何とも言えないと思うのですが… 最近では、ほろ苦さや泥臭さで敬遠されていた感のあるどじょうの蒲焼も、 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ大変だ! こんなところにも影響が…

こんなの知ってます…? ベィビィキウィ(この方が発音にちかいでしょ…)、キウィベリーとも言います。 小さくても、ちゃんとキウィの味がします。 皮のまま食べられますよ! サラダにトッピングしたり、ヨーグルトに混ぜてもGood! ところが、こいつがチリ産なんですよ… 地震の後の、ワインの話は大々的に報じられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桶柑」…さて、何て読む?

答えは、「たんかん」 その昔、中国では桶に入れて貯蔵していたことから、この名が付いたとか… 台湾経由で鹿児島に伝わったようです。 屋久島や種子島産が有名ですが、鹿児島本土の南部の沿岸部でも栽培されてます。 一言でいえば、手で皮が剥けるオレンジと言ったところ… 濃いオレンジ色、豊かな香りと味、プリプリはじける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デコポン?…じゃなくて、ミネオラです

チョッと目には、まるでデコポンのように見えます! 色もきれいだし、ましてや値段も安い! だから、たまには勘違いして買っていく人もいます。 正式には、ミネオラ・タンジェロ。 タンジェリンとグレープフルーツの交配種です。 皮も薄いので手でも剥けます。 濃厚な味で、酸味と甘みのバランスが絶妙です。 しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなが待ってた…ゴールデンクラウン・グレープfルーツ

皆さんお待ちかねの、 フロリダ産グレープフルーツ、ゴールデンクラウン・ブランドの入荷が始まりました。 一番人気は、甘みが強いピンク! 1個ずつ仕切られた箱に入ってくるので、変形も少ない。 皮にあざのような跡があるのもフロリダ産の特徴! 陽の良く当たる外側に成ったものほど、あざが付きやすいとも言われています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまさき…だけど、あゆみじゃない?

はまさきをGoogleで検索しようとすると、候補は浜崎あゆみがらみばっかり。 もしかして 浜崎 などと出る始末。 と言う訳ですから、皆さんもあんまりご存じない…? (清見×アンコール)×マーコット それって せとかと同じじゃん! おっしゃる通り。せとかとは兄弟のような関係です。 せとかよりも、皮の色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ産マンゴー…ナムドクマイ

柑橘類とイチゴとリンゴぐらいしかなかったんですが、 3月になって、チョッと変わったものもお目見えしました。 タイ産の完熟マンゴー、ナムドクマイです。 寒い時期は、このように産地で完熟して色が上がったものでないと美味しくありません。 青いものは、色がつかず黒っぽくくすんだ色になってしまいます。ご注意を… 匂い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大将季…さて、何と読みます?

紅色が濃いデコポンで、鹿児島県の特産です。 普通のデコポンより、酸味が少なくコクのある味が特徴です。 とある生産者の園地でデコポンの枝変わり(分りやすく言えば突然変異》が見つかり、 将来性が有望なので、お孫さんの名前にちなんで「大将季」と命名されました。 さて、答えですが…だいまさき です。 デコポンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、チョッとマニアックに…日向夏ちゃん

日向夏と言っても、そんなもん食べたことないわ!って人もおいと思いますが… まあ、食べ方もチョッと変わってはいるんですが… まず、皮の黄色い部分をリンゴの皮を剥く要領で薄く剥きます。 内側の白い部分は、そのまま実の方に残しておく。ここがポイント! 白皮と実を一緒にそぎ切りしていきます。 白皮と実を一緒に食べます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉大なる母…清見

清見は、温州みかんとオレンジの交配によって誕生した柑橘。 温州みかんの甘みとオレンジの香りを受け継いだ魅力あふれるフルーツです。 清見という名前は、誕生地の静岡県清水市興津にある清見潟と、それを見下ろす清見(せいけん)寺というお寺からとられました。 一時期は非常にもてはやされた清見ですが… 最近は、オレンジのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さしもの 『せとか』 も…

『せとか』って、ご存知ですよね? 数式のように表わせば… (清見タンゴール×アンコール)×マーコット=せとか となるのですが、 2004年の某TV番組で「特選食材」として紹介され、大ブレークしたスーパー柑橘です。 特徴は… とにかく皮が薄い! せとか を縦にカットしたところです。本当に皮が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまたま… アクセントは不明?

たまたま  何とも意味あり気なネーミングでございます。   アクセントに関しては、色々あるでしょうが、ここでは省略。 宮崎産の完熟きんかんのブランド名です。 今年から、「たまたま」に統一されたそうです。去年までは、まるかじり と言うのもありましたが。 「たまたまエクセレント」なる物もあります。 特徴は、糖度16度以上の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伯爵のお気に入り…Earl's favorite

マスクメロン(musk melon)の品種名です。 19世紀の末に、イギリスのラドナー伯爵邸の農園で作られたそうで、 日本へは、1894年に新宿御苑の農業試験場に導入されたそうだ。 あの大隈重信侯爵もメロンが大好物で、メロンを食する会なるものを催していたそうな。 「余は、メロンを食らいて125歳まで生きる!」と豪語し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、奥さんのお供…

今日は、奥さんのお供で、7月の公民館行事の下見に行ってきました。 まあ、早い話運転手ですわ… と言う事で、空模様を気にしつつも、予定出発時刻に合わせ南砺市方面へ出発。 金沢からなら、下道で充分でしょう。約1時間の予定。行きはほぼ予定通り。 しかし、ナビシートのお方が、いいもんで山環の森本ICを数周してしまいましたが… たま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大宝美《だいほうび》…白いタネの妖精

 SWTパウダーなるものを使って栽培された、白いタネのスイカです。 大宝美は、登録商標のようです。 今朝、中央市場で試食しました。 この写真の下のランクの商品ですが、非常に美味しかった! 糖度は13度以上ありました! この時期に、こんなに美味しいスイカを食べたのは初めてです。 タネも全然気になりません! 白いタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜馬ブーム?なのに、土佐文旦は…

今年は、福山 竜馬で世の中騒がしそうですが、 店頭の土佐文旦はあまり盛り上がってません。 正直、栽培開始が昭和18年からだそうですから、竜馬は食べてないか… でも、新婚旅行の長崎で、ザボンでも食べたかな。 と言う訳で、マニアックで皮の厚い土佐文旦ですが、 皮が厚いから、マーマレードでも作りましょう! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももとさくら…

これが、ももいちご。 数年前までは、3月3日の桃の節句以降は、ブランドイメージ保持のために、愛いちごの名称で出荷されていましたが、最近では3月中はももいちごで出荷されてるみたい… 背に腹は代えられないってことかいな? ちなみに、こちらが最近よく見かける さくらももいちご。 先がチョッと尖っているのが特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰐梨…? これは何でしょう?

最近、何となく静かなブームみたいですね。 プロの方、一般の方問わず買って行かれます。 ウチの隠れたヒット商品と言ったところでしょうか… 効能は、その道の方にお任せするとして、 食べ方なんですが、これも十人十色… アイデアとセンスの問題なんでしょうね。 ちなみに、私は薄くスライスして旭ポン酢で食べてます。 何とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more