テーマ:

端境…(-_-;)

5月は、果物屋にとっては端境期です(-_-;) 「でも、色々店頭には並んどらんいね…」って仰るかもしれませんが、 そりゃ、兎にも角にも何とか店の体裁を整えんなんわけで、苦し紛れの陳列というのもありです。 何が旬?って言われれば、これです! 金沢産の「宝交イチゴ」♪ 昭和の時代に一世を風靡した、昔ながらのイチゴで、金沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Change!

先日、魚屋の心意気と言う事で、 空の板台の写真を載せた魚屋さん・杉本水産ですが… ご覧のように、ちゃんと売り場が変わっていました。 炭火の遠赤外線でじっくりと焼いた、 富山・庄川産の鮎の塩焼きです。 まだ、養殖ものですが、 この位の大きさの物の方が、丸ごと食べれて美味しいと思います。 1本200円と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月は、こっちの方にも色目を使わないと…

この月は、意外と果物屋泣かせなんですよね… 平成21年度産の果実はそろそろ末期を迎えるし、 かと言ってこれから出始めるものは、 我々で言うところの、施設物。つまり、温室やハウスで栽培されたものが中心。 だから、小さくて高い物が多くなる… と言うことで、仕方なく外国果実に頼らざるを得ない… バナナは定番商品だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カニ屋さんの心意気…

今日の、杉本水産さんの板台です。 氷が敷かれ、照明が当たっていますが、商品が並んでいません。 「どうしたん?」と聞くと、 (地物のカニのシーズンが){もう終わりやし…」とのこと。 地物の、あの水色のタグの付いたカニがメインの、このお店の心意気を感じました。 これからは、庄川産の鮎や、ドジョウの蒲焼、うなぎや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このタイムラグは…う~んっ

今の時期の果物屋のメイン商材は、柑橘類なんですが、 消費者の方々の柑橘類に対しての要求は… 1.皮が剥きやすい(手で簡単に剥ける) 2.中袋が柔らかい 3.種が無い(または、少ない) 4.食べる際に、手が汚れない 5.包丁、まな板を使わなくてよい 等々… 昨日の夕方の、友人の奥さんの弁じゃないけど、 「晩ご飯食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかがリンゴ、されどリンゴ…

今日は何故か。お客さんとリンゴについてのやり取りが多い。 まあ、ウチのリンゴがどうのこうのと言う訳ではないのですが…、 最近のリンゴは美味しくないとか、甘くないとか、 柔らかいとか、固いだけやとか、 中が茶色かったとか、芯の周りが腐っていたとか…云々 そこで皆さんに問いたいのは、 リンゴの旬はいつですか?って事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野囲い…

また、文旦の話になりますが… 皆さん、「野囲い」って知ってますか? 文旦の収穫は、普通12月中に行われるのですが、 収穫したての文旦はまだ酸が強いので、 畑のあちこちに穴を掘り「野囲い」という方法で保管します。 そうすると、高い湿度の中で酸味が低下し、 甘みと酸味のバランスが取れた文旦に熟成されるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せん菜(せんな)の季節…

八百屋さんの店先にせん菜が並びだしました。 (ウチは果物屋なのでありません) 山に自生いするワサビの若芽のことを、この辺りではこう呼びます。 調理の仕方は様々のようですが、 片町の大衆割烹 一十百(かずとも)さんのレシピを参考にしてください。 せん菜漬だけで、お酒が進みますね~ 寒の戻りとは言っても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more