テーマ:金沢

これも詐称…? ^^;

これは、「近江町いちば館」とともにリニューアルした時に揚げたうちの店の看板。 創業年を示す意味で、「SINCE 1907」ということにしてあります。 曾祖父さんはもとより、祖父さんも他界してしまっていたので、詳細については今ひとつはっきりしなかったので、曾祖父さんの生年月日から類推して1907年としたわけです。 ところが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瓢箪町公民館のここが凄い!(^^)v

取り立てて自慢することでもないんですが、チョッと書かせてもらいます。 地域の全所帯に毎月配られる瓢箪町公民館の館報(平たく言うと「公民館だより」)が、今年の1月号でめでたく500号を迎えました。 地域の方々にとってみれば、毎月公民館だよりが届くのは、当たり前のことなのかもしれませんが、これってチョッと凄いと思いません…・ 第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛍屋…

食べ物ネタは、もっぱらFBの方にアップしておしまいになっているので、たまにはこっちの方にも。 とは言っても、すでにFBの方に既出のもので申し訳ないけど…^^; 金澤の「ひがし」に在る「蛍屋」さんが3月いっぱいで閉店となる。 で、その前にとある祝いの席を「蛍屋」さんで開くこととなった。 料理を愛で、酒で心を解きほぐし、時と空間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり勉強しんなん…(^^♪

先日のちょっとした会合の席で供された御料理 場所は、金澤屈指の料亭「懐石 つる幸」 温かい富有柿の釜に盛られた能登牛のステーキです。 果物や野菜を器として使うことは、和食ではよくあることですが、 まさか、温めた富有柿と能登牛のコラボとは…(゜o゜; この時期の旬の果物といえば富有柿なんですが、 柿のイメージとしては、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金澤はもう初冬ですが…

12月に入り、木々の葉もだいぶ散った様子で、初頭の気配を漂わせている金澤。 兼六園とは、金沢城を挟んで反対側にある「尾山神社」 前田利家公をお祀りしてある神社ですが、ここの紅葉も、兼六園のように派手さはないにしても、それなりに味がありますよ…。 行く秋を惜しんで、暫しご覧頂ければ幸いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兼六園ライトアップ~秋の段~ 2013

今年も、もうこんな季節になりました。 兼六園の木々に雪吊りが施され、紅葉した木々と共にライトアップされます。 紅葉と雪吊りが同時に見られるのはこの時期だけ…。 今週末の23、24日の連休にもう一度行われるんで、お見逃しなく(^^♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空の下暮れなずむ街…

今では金澤らしい風情を醸し出す街並みとして有名な主計町界隈。 子供の頃に見たのと基本的には変わってはいないけれど、 やはり今風にブラッシュアップされて、散策していても心地よいものがある。 だが、幼心に覗き込んだこの街は、どこか淫靡なところがあって、 大人たちからも、そんなとこは子供が遊びに行くとこじゃない…などとたしなめられたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山出さんと「いちば館」

最近、高校の同窓生とよく金沢について話すことがあるんですが、金沢から出た者に言わせると、 「あんたら、ほんなが当たり前やと思とるかもしれんけど、よその街のもんから見たら、考えれんような素敵なことが普通に行われとれんよ!金沢っちゅうとこは…。」 と言うことだそうです。 「金沢にいるから、本当の金沢の良さが理解できないんじゃないの?青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋聲

今回の「域メン」活動は、「徳田秋聲記念館」と卯辰山山麓寺院群「心の道」を巡るウォーキング。 浅野川沿いを上流の方に向けて歩を進めます。 あかり坂を上がり 「金沢文芸館」を横手に見ながら 梅ノ橋を渡り「徳田秋聲記念館」へ… ちなみに、「秋聲のみち」なるものもあります…。 で、今日は学芸員の方の解説付きということで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

躑躅 ~彦三緑地にて~

この時期のどうしても外せないスポットが、ここ「彦三緑地」ですね♪ 六代加賀藩主 前田吉徳(よしのり)から藩士 遠田自省(よりみ)勘右衛門が拝領したといわれるツツジ(遠田のつつじ)が残る日本庭園風の緑地です。遠田のつつじをはじめとするツツジ園のほか、ボタン園、休憩所等のほか、土蔵を改修したツツジ資料館もあり、72品種約1400本のツツジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには、上も向いて歩こう…

近江町市場の主だった四つ角には、このような案内サインが有ります。 色々と考えて作ってあって、結構いいがになっとれんけどなぁ…。 意外と気が付かない人が多いのかもしれません。 それぞれのお店の売り台は、照明で明々と照らされているし、周りの空間の照度は若干低くなるような感じの経験的な店構えが多いんで、多くの人の視線は、若干下向きに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の顔…

近江町市場と言えば、早朝の気ぜわしい雰囲気や、昼間の煌々と照らされた売り台の上に並ぶ新鮮な食材や生きのいい掛け声をイメージするのが一般的かもしれないが、 夕方になって、所謂市場のお店が店仕舞いすると 昼間にはさほど目立たなかった、飲食店の看板が存在を誇示し始める…。 近江町市場には、紛れもなく夜の顔が存在する。 昼間の喧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜の「松魚亭」

御無沙汰しております^^; 昨夜はとある会合で、金沢・卯辰山にある「松魚亭」へ… 詳細は省きまして、お料理の方へ♪ 先付です。涼しげな感じでイイですね 和食は、これが勝負って感も有りまして、この後出てくるお料理に期待を持たせるかどうかが決まるような気もしますね。 さて、御造りでございます。氷の上に盛り付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more