パトカーに追突された…

暮れも押し詰まった、28日。事もあろうか、何とパトカーに追突されてしまった!
商売柄、年末は配達業務が毎夜の如く続くのですが、その日は意外と量的にも少なく、案外早く帰れるな~なんて思っていたのですが…
車から降りるとツルリ、今日は路面も凍ってる。慎重に、慎重に。
配達も後一軒を残すのみ。交差点で右折待ち、前方よりパトカー。
まあ、先に右折できるぞと、右折。信号待ちで、パトカーが、我車のすぐ後ろ。
シートベルトはしっかり締めておこう。わき道の路地へ侵入、所謂ショートカット。
パトカーも追従。チョッと滑る、4WDにしておこう。車間距離も多めに取ってと…
しかし、バックミラーを見ると、パトちゃんチョッと近づきすぎじゃない?
一時停止で、一台停車中。ブレーキを踏む。何と!効かない!!ヤバイ!
前方の車のお尻がどんどん近づいてくる。ついに、オカマを掘るか~!
気を取り直し、必死の形相で、追突回避へ!
寸止めで停止!ふ~っと大息ををついたその瞬間… ガシャ~ン!
車内で物が飛び跳ねる。何のこっちゃい?俺、追突されたわけ?後ろはパトカーでしょ。
車から降りてみる。果たしてその通り。若いお巡りさんも降りてくる。
「すいませーん。やっちゃいました。」
初めての事故らしく、気が動転している。後ろは数珠繋ぎ。「早くどけろ!」と怒鳴られる。
こっちが、お巡りさんを落ち着かせて、近くの病院の駐車場へ移動。
そこに、3人の人が立っていたので、病院の職員さんかと思い
「追突事故なもんで、車停めさせて下さい…」
その3人曰く、「私らも追突なんです。そのお巡りさんを待っていたんです。」
何?現場へ行くお巡りさんが同一現場で追突かい?何ちゅうこっちゃ!
おかげで、事故処理は順番待ち。動転した若いお巡りさんはあたふたして、こっちにも気を使いながらで、一向に事態が進展しない。
そうこうしているうちに、その病院は向かっていた同じ会社の車同士が第三の追突。
他のパトカーが到着したものの、何がどうなっているのかわからず、寒さに震えながら事故処理の順番待ちは続く。
そうしているうちに、又も、第四の追突事故!
皆さん、凍結路面の走行にはくれぐれも注意しましょう!
7時半に帰る予定が、事故のおかげで9時になってしまいました。トホホ…
しばらくは追突恐怖症でしたよ。
でも、調書で何でカミサンの名前まで聞かれるんでしょうかね~?誰か教えて…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック