アクセスカウンタ

<<  2015年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


こんな時期やからこそ、「じわもん」について…

2015/02/25 20:09
3月14日の北陸新幹線開業に絡めて、様々なメディアで「金沢」や「近江町市場」が取り上げられています。
それはそれで、非常に有難い事なんですが…
天下の「週刊ポスト」が、困ったことをやってくれましたねぇ…(-_-;)
グラビアの■ 金沢を食い尽くす北陸路 という企画なんですが
画像

その中に「近江町市場には、こうした「じわもん」と呼ばれる地物の食材が一堂に集まる。」とあります。
地元の食材を「じわもん」と呼んでるのは、駅の向こう側の茶色いお役所の方か、某地元紙ぐらいです。
ネイティブな金沢人は、地元の食材は「地物」とか「地ぃのもん」と呼びます。
「じわもん」は、魚屋さんなどでは「余り物」や「売れ残り」を指す言葉で、お客さんに売るような物ではないので、「じわもん」として自分の家で食する物のことです。
近江町市場で使われるような場合は、「おつかいもん(ギフト)」や「ごっつぉ(御馳走)」に対しての対義語で、お客様のために用いる物ではなく、自分の家で普通に食べるものを指す言葉です。

新幹線でおいでた方が魚屋さんの店先で「じわもん有りますか?」等と尋ねたら、
「ダラん事言うとんなま!うっちゃ、キットキトな魚しか置いてないわい!」と言われかねません。
「あんちゃん、じわもんにすっさけ何か割安の魚居っけ?」と言ったのが、適切な使い方です。
書き出すと長くなるので、この辺にしときますが、興味のある方は拙Blogの
「おもてなしは「じわもん」じゃマズイやろ…」
「「地物」のから見た「じわもん」の考察」
「チョッと気になる「じわもん」の使われ方…」
をお読み頂けると幸いです。

言葉の意味は時とともに移ろうものですが、守っていかなければならない「金沢弁」もあるはずです。
私は、「じわもん」もその一つだ思っています。
十分な精査もせずに、全国版週刊誌が知ったかぶりして方言を扱うことは、方言に対するレイプに等しいと思います。
出来ることなら、次週号に謝罪文の一つも載せて欲しいくらいに腹立たしい気分です…。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


<<  2015年2月のブログ記事  >> 

トップへ

青草町88番地通信 2015年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる