アクセスカウンタ

<<  2015年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


瓢箪町公民館のここが凄い!(^^)v

2015/01/28 19:45
取り立てて自慢することでもないんですが、チョッと書かせてもらいます。
画像

地域の全所帯に毎月配られる瓢箪町公民館の館報(平たく言うと「公民館だより」)が、今年の1月号でめでたく500号を迎えました。
地域の方々にとってみれば、毎月公民館だよりが届くのは、当たり前のことなのかもしれませんが、これってチョッと凄いと思いません…・
第1号が保管されていなかったので、いつからスタートしたかは定かでは無いのですが、500号ということは単純に計算しても41年と8ヶ月!!
何処の公民館でも公民館だよりは発行していると思うのですが、聞く所によれば、毎月発行という館は少ないとか…。
白黒の1色刷りで、見た目には派手さはありませんが、内容は充実しています。
毎月開かれる定例の公民館の部長・副部長会議の最初の議題は、館報の編集について。公民館主催のイベントや、各種団体の活動などをピックアップしてどれを記事にするか検討。紙面のレイアウトなどを考慮しながら、担当する部の部長や副部長、各種団体のリーダー等の原稿に写真を添えて掲載します。参加者のコメントなども載ったりします。
それに翌月以降のイベントの案内やお知らせ等々…。
考えてみると、私ももう19年も関わっていたりして…^^; いつも記事が長過ぎる!って、注意されてましたが(笑)
毎年開催される金沢市の公民館フェアで、各公民館の館報のコンクールがあるのですが、見た目が地味なせいか未だに入賞したことはありませんが、発行号数でいけば断然トップ!
季刊や隔月刊など年に数回の発行なら、それなりにお金をかけてカラー刷りの内容豊富(そりゃ毎月出してないから載せんなん記事はいっぱいあるわな…(-_-;))な館報も出来るでしょうが…。
まぁ、それはともかくとして、Webでの発信も行いつつも、やはり誰もがじっくり読むことが出来る紙媒体としての「公民館だより」の毎月の発行は、これからも瓢箪町公民館の使命でもあり、また誇りでもあると思う次第です。
(外部から「凄いねぇ〜!」って声があんまり聞こえてこないもんで、少々愚痴ってみました^^;)

そうそう、町内に配布する来月号の501号がもう玄関に届いてました…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2015年1月のブログ記事  >> 

トップへ

青草町88番地通信 2015年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる